A Nomad in Abu Dhabi

UAE首都アブダビ在住 コーヒーを愛しカフェを探し歩くノマド

ビーチライフを好きになったわけ

f:id:tonem:20181128005533j:plain

今日もサディヤット島は美しい。

 

広々とした穏やかな海が目の前にただ広がる。

 

この清々しい景色を見ていると、心が綺麗に洗われて

空も飛べそうな気持ちになる。

 

これまでの人生の中で、全くビーチを嗜むどころか

海やプールやらをなまじ苦手として避けて生きてきた。

 

今までも、日本や北米、旅行先々でも、

海や川や湖やプールに行く機会には沢山恵まれてきたものの

お付き合い程度に終わらせ、

自ら行きたい!と足を運ぶようなことは決してなかった。

 

 

のに、だ。

アブダビにきてたった1年ですっかりビーチの魅力に取り憑かれ

私を「ビーチを愛する教」へあっさり改宗させてしまったのだから

アブダビのビーチの魅力はとてつもない。

 

歩いても足を痛めないサラサラの細かくて白い砂浜や、

暑い天気のもとで全身に触れる水の気持ちよさ、

どこへ行っても人口密度が低いので、周りを気にせずぼーっとできること、

波が荒くないので泳ぎやすく子供も一緒に連れていきやすいこと、

海へ行っても匂いが磯臭くないこと、

基本的に乾燥しているので、濡れてもすぐ乾くこと、

どこへいってもガードさんがいるなんとなくの安心感、などなど。

挙げだしたらきりがない気がしてきた。

 

でも何よりも、このようなポイントで語りきれない

その独特の空気感に、本当の「好き」の理由は隠れている気がする。

 

好きは条件ではなく、感覚なのだ。

「感覚」で感じた「好き」を、どうしてだろう?と考え、

「言葉」に落とし込むと、言葉になった瞬間にズレが生まれるのは不思議である。

 

今日もビーチへ向かう。自らの中にある感覚を抱きしめて。

Cafe Arabiaでパンケーキを

f:id:tonem:20181125155537j:plain

Cafe Arabiaの扉をあけると、ホリデーデコレーションされたテーブルに

数々のスイーツが並べられている。

 

Cafe Arabiaは、アブダビ在住の人ならば必ず一度は訪れるのではないだろうか。

店舗の中は広々していて、ゆっくりできる空間。

屋上にあるテラス席も先日オープンしたようで気持ちよさそう。

 

このカフェの好きなところは、カフェメニューをオーダーすると

デーツが1粒、コーヒーカップソーサーにちょこんと乗ってやってくる。

そのデーツが、また、おいしい!

コーヒーとぴったり合う、くどすぎない甘さ。

こういう風にきっとローカルはデーツを食べてるのかしら、と思いを馳せる。

コーヒーも美味しい。

 

そしてここの一押しは、パンケーキ。

うちの息子はパンケーキが大好き。

知らぬ間に、アブダビの色々なカフェでパンケーキを食べてきたことに気づく。

今のところ、息子のアブダビNo. 1パンケーキはここのだ。

 

息子はThird Place Cafeのパンケーキも好きだが、

あそこはコーヒーが美味しくないので私や旦那があまり行きたくない。

あそこのスムージーはなかなか美味しいが。

 

ここのカフェは、ヘルシーそうなメニューもたくさん。

そしてどの料理を選んでも、ボリューミー!!育ち盛りの方はこちらへ。

 

メニューが多いので、選ぶのに時間がかかる。

あと店員さんたちのサービスが基本ちょっと鈍め。神経質な人はイライラするかも。

 

内装のデコレーションが落ち着くのにinspiringで

沢山本や雑誌があるので、一人でぽっと立ち寄ってまったりするにももってこい。

パームジュメイラから眺めるドバイ

f:id:tonem:20181123032637j:plain

パーム・ジュメイラから見たドバイ。

 

UAEにいるうちに、絶対に行っておきたかった、パーム・ジュメイラ。

 

初めて訪れて思ったこと。

やはり想像と、実際に足を踏み入れてみることは、全然違う。

当たり前といえば当たり前の話なのだが

イメージと実態は、どこ世界でもどこへ行っても起こりうるものなのだ。

 

私の行く前のイメージは「超豪華なパームジュメイラという島の入り口、

入ってからもバーっと海が見えて広がる異世界」は

実際には「まだまだ半分、工事現場。特に入り口あたり。

メインランドからパームジュメイラへ入る道のお隣の道も、まだまだ工事中!

入ってからも建物(豪華めだけど)に囲まれた道を突っ走るので

海はそこまで見えない。」だった。

 

もちろんただホテルに来るだけの私のような観光客と

実際にそこに住む人々の感覚はまた違ったものになるのだろうが。

 

ただ、島の周り(ホテルが連なる一番外縁の部分)からの景色は、素晴らしく

この写真のような景色も見えて、それは想定外の素敵なサプライズであった。

 

ホテルの砂浜もよかったが、クラゲちゃんがいっぱい。

結局はホテルプール(素晴らしかった)で沢山の時間を過ごした。

あとで調べてみると今年は(も?)ジュメイラ地域ですごいクラゲちゃんたちが

発生している様子。

この国のすごいところは、砂浜に「クラゲご注意!(あとは自己責任でっせ)」と

いう板を置いておくだけで(ホテルであっても)あとはご自由に、なのだ。

なので、泳いでる人ももちろんいるし、クラゲももちろんいる。

 

何月になったらクラゲちゃんたちはいなくなるんだろう?

ドバイ紀伊国屋オンライン その後

f:id:tonem:20181126181820j:plain

オーダーして数日後には手元に届いた。早い。素晴らしい!

ご丁寧にぷちぷちの緩衝材にちゃんと梱包されて。

 

紙のラッピング方法は日本式ではなく、UAE仕様だが、それなりに綺麗。

(どこへ行ってもあのラッピング方法を今までもアブダビではされたが

こちらでは画一のラッピング方法なのだろうか?)

 

何よりラッピング紙が可愛い!子供受けしそうなカラフルな動物たち。

だが、メッセージカードが、なんと、手書き。

私は日本のamazonのような、デジタルプリントを勝手にイメージしていたが…

もろ梱包した人の性格がにじみ出るような字体…うーんフリースタイル。

(もちろん剥がして違うカードへ書き直した、すまんよ店員さん)

 

総合的に大満足。また本を色々買ってしまいそう…

雨上がりのアブダビ

f:id:tonem:20181127022333j:plain

近所をお散歩。

雨が降った翌日に撮影した写真。

 

雨の降った翌朝にお散歩すると、すっかり空もクリアに見え、

街を歩いているだけで

「雨に濡れたあとに晴れて、でもまだしっとりしている木々の匂い」が嗅げる。

 

この気持ち良い清々しい匂いが嗅げるのは、この街では貴重なことなのである。

そのレアな爽やかさを噛み締めながら、今日も歩く。

 

こんな気持ちのいい散歩はあっただろうか。最高。

どれだけ今まで住んできたいくつかの土地で、緑に雨に恵まれてきたかを、

この香りで喚起させられる。

人間の記憶と嗅覚の強いつながり。

 

最近、夕方〜夜にかけて

ささーっと30分くらい雨が降ることがあるアブダビ

 

普段雨は降らないし、こんなに頻繁に降ることもないので

(といっても2〜3週間に2回だけど。それでもアブダビでは多い方な気がする)

降ると携帯を取り出し、ビデオ撮影する人もちらほらいて、可愛い。

KIBSONSのMackerelが美味しい

よく利用している、食料品をデリバリーしてくれる店KIBSONS

https://www.kibsons.com

  

特にフルーツが比較的安いのに状態がいい確率が高い。

もともとオススメしてくれたベジタリアンの友人もこの店を高評価しているので

きっとベジタリアンにも響くベジタリアンな何かがあるのだろう。

デリバリーも環境を考慮しているようで、箱で運ばれてきて

その箱は次回のオーダーの時に返却するという、

プラスチックをできるだけ使わないようにしている配慮がある。

ベジタリアンな人は、環境保護を支持している人が多い」という

イメージを私は持っているので、なんとなくターゲット層が読み取れる気がする。

 

だが、あえて私は声を高らかにして言いたい!

このKIBSONSの一番のオススメは、Mackerelだ!!

魚です。鯖です。

スモークしてあるので、干物みたいな味。

ただフライパンでちょいと温めて、皿に乗せればあら不思議!

夕飯メイン完成。

私のような怠け者主婦には最高の商品。

そして、おいしい。

魚を愛するうちの家族はこれを出すと沈黙が訪れる。みんな食べるのに必死!

 

うちは子供がまだ小さいので、安全パイのMapleだけしか

未だ試していないけれど別の味も2種類あり。いつか試そう。

 

f:id:tonem:20181125052534j:plain

 

アイルランド出身の友人が自宅へ遊びに来てくれた時に

「この前アイルランド産のMackerel食べたんだけど超美味しかった!」と言ったら

「KIBSONSで売ってるやつも、めちゃ美味しいよ!そこのはうちもよく食べてる」

「そうそうそうれそれ!うちもKIBSONSのやつ食べたの!」

「そうなん!あそこのほんと美味しいよね〜。」という話になったので

本場?アイルランド人のお墨付きでもある。

 

ドバイは店舗もあるのかな?(多分ある)

アブダビはデリバリーだけのはず(多分)

 

ここはいつも配達日指定の選択肢が、オーダーした時から近いので

あ、これ明日欲しい〜とかなるととっても助かるのでござる。

アブダビでは他のメジャーなスーパーのデリバリーは

翌日配達スロットがあいておらず翌々日配達になることも、少なくないので。

 

いつもありがとうKIBSONS

できたら日本の干物取り扱いも将来的にお願いします。