A Nomad in Abu Dhabi

UAE首都アブダビ在住 コーヒーを愛しカフェを探し歩くノマド

アブダビの水道水と、抜け毛問題

ところ変われば、水変わる。

日本の田舎と都会でも水の質が違う。

外国と日本の水は同じH2Oであっても、

その構成要素ひとつひとつの質が違うのではと思うほど。

そう、水は水であるけど、私の知っている水ではないのだ。

 

アブダビに住みはじめ、その異変はすぐに起きた。

うーむ、すごい抜け毛だ。

半日に一度掃除をしないといけないレベル。

 

朝一番に掃除しても、夕方に旦那が帰ってきたとき

ふと床を眺めるとところどころに髪の毛が。まるで怪奇現象。

禿げるレベルではないけど、髪質自体も前より細くなったような…

加齢や、日中受けている日差しの影響など、

他のファクターも関わっているはずなので、完全に水だけが原因とは言いにくいが。

 

アブダビの水に対するモヤモヤした気持ちを加速させるかのように、

スーパーでシャンプー売り場に行くと、

パンテーンなどの大手ブランドシャンプーから「くるくるしちゃう髪質へ」とか

「ドライな髪質へ」とかの他に「抜け毛がちな頭皮へ」というカテゴリーが

どーんと売り場面積を構えている。

 

そんな中、先日、一時帰国をしてきた。

水が…水が!!!!!柔らかい。

 

蛇口から流れ出る水に、手を当てると、まるで柔らかい絹が注いでくるような感覚。

気持ちいい。流水を触っているだけなのに。

こんな風に感じたのは今回が初めてだった。

海外旅行経験もそこまで少ない方ではなく、地域も中南米以外は色んな国々を

旅行してきた。

海外旅行と海外に住むのでは、全く違う発見があるというのはまさにこのこと。

意識高い系の友人が、大学時代にコントレックスを飲んでいるのを横目に

「硬水、軟水って、言ってもそんなかわんないっしょ〜」と、とりあえず売店

一番お手頃なお水だったらなんでも飲んでいた私が、

まさか十数年後に水の質について語りだすとは。

 

いやほんとにね。柔らかいんですよ。

特にね、田舎に行けば行くほどね。

 

田舎でしばらく過ごしていたら、髪の毛も弱気な細い儚さから、

すっかりコテで巻いても全く言うことをきかない強くて太い剛毛へと変化していた。

The Power of Love ならぬ、The Power of Water

あー、Back To The Future 見たいな…