A Nomad in Abu Dhabi

UAE首都アブダビ在住 コーヒーを愛しカフェを探し歩くノマド

シャトレーゼへ、愛を込めて

ドバイから配達されてきた、シャトレーゼのダブルシュークリームを食べて

涙が出るかと思った。

 

おいしい。涙。

 

まさか、あんなにも日本で見くびっていた(失礼)

シャトレーゼに舌鼓を打つ日がくるとは。

 

シャトレーゼは日本でもおいしい部類に入ると思うんですよ、うん。

でも、日本って、個人の和菓子屋さん、ケーキ屋さん、チェーンのものもと

色々合わせていったら、どんな田舎に行っても甘味のお店はあるし

都会に行けばもう消費者が選ぶのが嫌になるほどお店の種類の多いこと。

だからなのか、あえてシャトレーゼに行くことってあまりなかった。

 

アブダビ

西洋のどあまーいホイップやシュガーフロスティングがお得意芸のお菓子や、

中東のあまったるくて食べただけで糖尿病になりそうなお菓子がお好きな方には

天国でしょう。いろんなお店がありますよ。

 

でももう生まれてずっと日本で生きてきて、

わたしゃ舌も魂ももうジャパニースなんですよ。

 

慣れの問題かな?とか、いろんな味に触れたら感覚も変わるかな?とか

かれこれ10年近く、だましだましやってきたが、もう嘘はつけない。

 

日本のデザート最高。ナンバーワン。オンリーワン。もう君だけよ。

 

こういう日本の食の普及活動を応援していきたい。

フュージョンとかじゃなくて、そのままありのままを現地へ持って行って

私のような、海外に住みながらも日本の味を求めてやまない日本の味中毒者に

束の間の心の癒しを与える。なんて重要な意義のあることか。

 

次は君だよ、そう、君!そこの、口福堂くん!

さりげなくいろんなところで次々と老舗の和菓子屋の店舗を侵食していって、

私の家の最寄りのお気に入りの昔からあった和菓子屋が

一時帰国したときに君に早変わりしていてびっくりしたのを今でも覚えているよ。

でも、シャトレーゼと口福堂って、なんとなくなんだか

立ち位置が似てる気がするんだよ。全く理論的に説明できないけど。

なんとなく、正統派な日本の和菓子はうけなくても、口福堂なら中東でも

一定のニーズがある気がするんだよ。全く根拠はなく直感だけど。

 

だから、きっと君ならいけるよ!さあドバイにおいでよ。待ってるよ。