A Nomad in Abu Dhabi

UAE首都アブダビ在住 コーヒーを愛しカフェを探し歩くノマド

自分ワールドへ没頭できるHanaya Cafe

f:id:tonem:20181130013311j:plain

可愛らしい内装に、ゆったりできる広さもある、ハナヤカフェ。

 

アルワダモールのあるブロックの、モールと反対側の部分には

いくつものカフェが軒を連ねている。

 

今回訪れたのは、その一角で一番店内面積が広そうと想定される

ハナヤカフェ。

 

店の外から見ると、大丈夫かしら…(古そう、暗そう)と思うような面持ちだが

入ってるみると、意外に広く、光が入ってきて、ほどよく明るい。

 

小綺麗にインテリアもまとめられていて、くつろぐのによいソファもある。

f:id:tonem:20181130014133j:plain

私が入店した時には、こちらのテーブル席に

6人ほどの白いカンドゥーラの男性たちが集って談笑していた。

 

何よりもよかったのが、店員さんの接客の距離感。

飲み物提供したら、基本おしまい。

でもこちらから呼びかければ、愛想よく応対してくれた。

 

アブダビでは、それなりの値段設定のカフェにいくと、やたら店員さんが

「味はどうだった?美味しかった?大丈夫?」と何度も聞いてくれる。

 

 もちろんそういうルールがあってやっているのはわかるんだが

本来の私としては、基本放置してもらえるほうが、心地よい。

 

美味しいコーヒーを飲みながら

本や雑誌を真剣に読んだり、考え事をしたり、ぼーっとして無心になれること。

これぞ贅沢なおひとりさまカフェ時間。

 

だが店員さんに話しかけられると、

没頭している自分の世界をプツっと中断して、現実に魂を引き戻し、

ある程度まともな受け答えをしなければならない。

 

だがこの店のように、さっぱりと用事が終わったら無関心決め込んでくれると、

こちらとしても自分の世界に没頭しやすく

カフェでの時間も空間も自分のものとなり、さらにリラックスできる。

研ぎ澄まされる。

 

たまたまかな…今日シフトのバリスタ姉さんがそういう系統だっただけかな…

と思いを馳せながら、こればっかりは再訪しなければわからない。

 

コーヒーもとってもおいしい。

少し強気めな価格設定だが、この美味しさならば文句なし。